2015年11月05日

11.28 「原発をとめるアジアの人びと」映画の上映会と講演(原宿)

「原発をとめるアジアの人びと」(創史社)の発売を記念して11.28(土)に映画の上映会と講演をおこないます。ぜひご参加ください。
*詳細はこちらで(上映・講演会HP)⇒http://genpatutomeruasia.seesaa.net/
*チラシのダウンロード⇒A4_縦 チラシアジア本2015 DWプリント コピー.pdf

11月28日(土)*上映会・午後1時20分開演(開場午後1時)
  参加費=1000円

*講演・午後6時半〜8時半終了
  お話・佐藤大介さん(ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局長)
 500円(軽食付き)

これまで22年にわたって事務局長をやってきた佐藤大介さんから苦労話、
これだけは伝えたいことなどを30分ほどお話した後、飲食しながら懇談します。 
会場:神宮前隠田区民会館:(JR原宿駅より6分、東京メトロ千代田線明治神宮前駅出口4より2分)電話:03-3407-1807
*主催:原発輸出をとめる会・関東(FAX044-987-5584 stopnnyusyutu@yahoo.co.jp)
*出入り自由 *当日のボランティア・スタッフ募集中 
posted by イスクラ at 13:54| Comment(0) | イベント・集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

【新刊案内】原発をとめるアジアの人びと

原発をとめるアジアの人びと
ノーニュークス・アジア

ノーニュークス・アジアフォーラム編著
創史社 定価:1,500円

ISBN978-4-915970-47-4 C0036 \1500E

表紙asia201502 コピー.jpg


アジア反原発運動の現状から未来を展望する。

 日本は、原発を輸出する国になってしまいました。福島原発事故が収束しない中で、再稼働や原発輸出が進められようとしています。
 核の災禍に国境はありません。本書の目的は、アジアの人々と手を取り合って核も原発もない未来を実現するために、アジアの反原発運動の歴史と現状を概観し、新たな未来を展望することです。私たちが22年間にわたって培ってきたアジアの反原発運動とのかかわり、共同の取り組みや声明文、現地でたたかう人々のことばやたたずまいをお伝えすることができれば幸いです。


推薦文が寄せられています。


広瀬隆(作家)「ノーニュークス・アジアフォーラム通信を読まれている人も多いだろうが、日本以外のアジアの反原発運動について、くわしく現状を語ってくれたのが、本書である。手元に持っ ておいて、絶対に損はしない」

斎藤貴男(ジャーナリスト)「日本は今、ほとんど原発立国を目指しているような状況だ。原発輸出を中核とする『インフラシステム輸出』の国策が、グローバル企業を守る軍事力の拡充を求め、新たな帝国主義をもたらしかねない。ノーニュークス・アジアフォーラムの新刊は一筋の光明である」

小出裕章(元京都大学原子炉実験所助教)「自国内では原子力を進めることができなくなった欧米や日本の原子力マフィアは、アジアの国々を食い物にしようとしている。本書は、それと徒手空拳で戦ってきたノーニュークス・アジアフォーラムの貴重な記録である」

海渡雄一(弁護士)「すばらしい本が出版された。ノーニュークス・アジアフォーラムの海を超えた22年間の活動がまとめられている。日本が原発を 輸出しようとしている、インド、トルコ、ベトナムや、インドネシア、台湾、フィリピン、タイ、韓国で何が起きているのか? すべての場所で、人々が立ち上がり、原発を止めるために闘っていることがわかり、勇気づけられる。そして、私たちの日本国内での原発再稼働を止める闘いとアジアの民衆による原発ノーの闘いは直接つながっていることも実感できる。是非、一人でも多くの仲間に手にとって読んでほしい」

河合弘之(弁護士)「脱原発は日本だけしても意味がない。アジアとの連帯が絶対に必要です。そのためにはアジアの友人たちがどのように闘ってきたかを知らなければなりません。そのために、この本は非常に役に立ち、感動 的でもあります。自分たちだけが苦しみながら闘っているのではないと知ることは、私たちを勇気づけます」


posted by イスクラ at 13:15| Comment(0) | 反原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

【新刊案内】未解決の戦後補償 II 戦後70年・残される課題

戦後70年・残される課題
−未解決の戦後補償 II

中山武敏・松岡肇・有光健他著
創史社 定価:1,800円

ISBN978-4-915970-46-7 C0036 \1800E

戦後70年mozilae コピー表紙.jpg

戦後70年、一人ひとりに問われる時の判断に!
戦後70年は戦争を知らない世代が大半を占め、今後の方向性を決める大事な時期である。平和国家とし て歩んでいくのか、再び「集団的」自衛の名のもとに武力による海外で「国益」を拡大する道を選ぶのかが、 一人ひとりに問われている。本書はその判断をする大事な助けとなることを願うものである(「まえがき」より)。
posted by イスクラ at 12:23| Comment(0) | 歴史・戦争犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

【新刊案内】関東大震災時の朝鮮人迫害

PDFクリックして表示→関東大震災時の朝鮮人迫害チラシ


関東大震災時の朝鮮人迫害
−全国各地の流言と朝鮮人虐待

山田昭次著 
創史社 定価:2,200円

ISBN978-4-915970-45-3 C0036 \2200E
迫害表紙4Cチラシ用.jpg

朝鮮人虐殺事件の歴史的意味を深くとらえるために

「不逞鮮人」流言による日本人民衆の動揺が関東地方に次いで甚だしかった東北地方や中部地方の新聞や官憲、民衆の動向の解明を特に重要な課題として取り上げるが、沖縄の状況にも目を向けた。…これらの地方でも新聞が朝鮮人暴動流、言を盛んに報じ、警察が厳戒を行い民衆は動揺し、一部の地域ではやはり朝鮮人行商は飴が売れず、朝鮮人労働者は厳戒の対象になったのみならず解雇される事態も起こった。関東地方での朝鮮人虐殺を頂点とする朝鮮人迫害の裾野は極めて広かった(「まえがき」より)。


posted by イスクラ at 11:56| Comment(0) | 歴史・現代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

【新刊案内】秘密法で戦争準備・原発推進



秘密法で戦争準備・原発推進
−市民が主権者である社会を否定する秘密保護法

海渡雄一著 
創史社 定価:1,400円

ISBN978-4-915970-44-3 C0036 \1400E
秘密保護法.png




●内容紹介
弁護士の海渡雄一です。ぜひ、この本を読んで下さい!
原発裁判を 30 年にわたって携わってきて、いつも国や電力会社の情報が隠
されてきました。福島原発事故で情報が隠され、多くの人たちが無用の被ばく
を強いられ、将来の不安を高めています。
秘密法ができれば、「テロ対策」という名目でさらに原発関連情報が隠され、再
稼働されてしまいそうです。米軍との戦争準備のための法律でもあります。
市民生活を破壊し、民主主義さえ崩壊させかねない
秘密法に反対していきましょう。

★その他、院内集会・緊急の抗議行動・全国の情報は
イベントカレンダー http://www.labornetjp.org/EventItem
「全国運動情報」http://www.himituho.com/をチェック!
posted by イスクラ at 10:12| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。